©  PUMPQUAKES / パンプクエイクス

民話採訪者・小野和子著 『あいたくて ききたくて 旅にでる』刊行

これまで50年にわたり東北の村々を訪ね、民話を乞うてきた民話採訪者・小野和子。

採訪の旅日記を軸に、聞かせてもらった民話、手紙、文献などさまざまな性質のテキストを、旅で得た実感とともに編んだ全18話と、小野の姿勢に共鳴してきた若手表現者—濱口竜介(映画監督)、瀬尾夏美(アーティスト)、志賀理江子(写真家)の寄稿がおさめられています。

表紙や本中には志賀が東北で撮りおろした写真を掲載。

一字一字を精密に美しく組んだ大西正一によるデザインワークも魅力のひとつです。

小野和子『あいたくて ききたくて 旅にでる』
368ページ A5変形
2700円+税
編集_清水チナツ
写真_志賀理江子
デザイン_大西正一
寄稿_濱口竜介・瀬尾夏美・志賀理江子
発行_PUMPQUAKES
印刷_ライブアートブックス
プリンティングディレクション_川村佳之・清水チアキ

ISBN:978-4-9911310-0-4  C0095

取次:ツバメ出版流通 注文書PDF

こちらからもお買い求めいただけます

お取扱い店舗および催事募集中
本書をお取扱いいただける書店さまを随時募集しています(書籍に関心のある方々が訪れる場所であれば、全国どこでも書店に限りません)。

内容のお問合わせ、取材や催事等のご相談は、下記のお問合せ先までお気軽にご連絡ください。